ガラスって何?【製法発見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GLASS-LAB椎名のアシスタント石川です。今日もグラス使ってますか?引き続きガラスってなに?という疑問を掘り下げていこうと思っておりまます。よろしくお願いします。

本日は、どうやって作り方を発見したの?

というところをお伝えしたいと思いますが、これがなかなか出てこないんです。
ネットという広大な世界を渡り歩いているうちに迷子になり、探りに関してはほぼ手練れの私もあれ?みんな不思議に思わないの?なんで?っていう気持ちにまでなりまして、結局最初に見た海外のウィキペディアまで戻ってきて、そうかもうこの説しかないのか・・・どうやって作り方を発見したのかというと

偶然

この世に偶然なんてない、あるのは必然だけ。
金属加工の副産物でできたんじゃないか?ファイアンス作ってる最中に出きたんじゃないか?と書いてありましたが、ちょ待てよ。ファイアンスってなんやねん。
ファイアンス(faience)それはガラス以前のガラス質の物質。
ふぁぁぁぁぁぁっぁぁぁl!それはガラスなのでは??ファイアンスはガラスなのでは?

ファイアンス1

あらやだ!かわいい・・・ファイアンス・・カバ・・・
という印象でしたが見た感じターコイズといわれるトルコ石に見えますよね。
陶器や磁器にも見えるんですが、材料成分に粘土がないので陶器や磁器ではなく成分はガラスに限りなく近いのでやはりファイアンスはガラスになる手前の物として良さそうです。

ファイアンス自体はエジプトで多く発見されているのですが、ファイアンスは作るのが大変なんです。当時の炉の温度では材料が溶けない、粘土を使わないので材料がパサパサ。ぎゅっぎゅカバの型に砂みたいな物を詰めこんで、乾燥、焼き、粉末攻め、液体攻め、いろんな方法で作ってたんです。
なんせ砂漠の多いエジプトにこの色は珍しかったから

青だーーーーーーー!!!かわいいーーーーー!!もっと作ろーーーー!!
てな感じで作ってたんですけど、釉をかける技術が生まれてしまうのです。青が簡単に出せるようになったのでファイアンスは作る工程が面倒になりどんどん作られなくなって消えていきました。
釉(うわぐすり)をかける・・・なに?読めない。漢字難しすぎ。そんなさらっと業界用語やめて!ってなりましたが調べましたよ。簡単に言うと色とコーティングができる技術のことです。陶器は粘土を使うから焼き上がりがザラザラですよね。そこに釉をかけると色もつくしテカテカになって水分を吸収しなくなるって凄い技術です。

◆参考資料 ファイアンスの作り方なども書いてあって面白い

https://55096962.at.webry.info/201112/article_14.html

役に立った/参考になったと思ったら、いいね!やシェアをいただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

当店おすすめ商品

ギフトの種類から選ぶ

ページトップへ