5月28日映画「HOKUSAI」が公開!世界一有名な波

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GLASS-LABアシスタント石川です。今日もグラスの手触り感じてますか?

表題の通り、葛飾北斎を題材にした映画「HOKUSAI」が公開されました。
葛飾北斎と言えば世界で最も有名な波を絵に書いた人ではないでしょうか?また雑誌『ライフ』の「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれた唯一の日本人です。多くのアーティスト達に影響を与え今もなお彼の作品は影響を与え続けています。
私達GLASS-LABもその大きな影響を受け、北斎の名画をグラスに彫らせて頂いております。大変お世話になっております。そんな葛飾北斎の生き様を描いた映画を見ないわけにいはいきません。

皆さんは葛飾北斎の事をどのくらいご存じですか?
私は日本一有名な絵師。『冨嶽三十六景』を書いた人。両国に北斎通りがあるのであの辺の生まれだろうという事。ころころと改号するので意外と「開運!なんでも鑑定団」で疑惑の品が登場する事。位なんですよね。作品は多少知っていても人となりはほぼ知りません。北斎についての資料は少ないので映画の製作や役作りも大変だったようですが、ウィキペディアの書いてあったプリフィールを掻い摘んでご紹介します。

葛飾北斎のプロフィール

■生まれは武蔵国葛飾郡本所割下水。現・東京都墨田区の一角。
■1760年10月31日~1849年5月10日(享年89歳)
平均寿命が40歳位であった江戸時代ではかなりのご長寿。2020年の平均寿命はだいたい84歳位なので平均寿命の倍以上生きている北斎は今、165歳くらいの人位のレアキャラなので仙人と言われていてもおかしくない。
■墓所は台東区元浅草の誓教寺
■生涯に3万点を超える作品を発表している。
一日一作書いたとしても三万点書くのに82年~83年かかるので北斎は絵師になってから一日に何作も作品を書いていた。
■弟子は孫弟子も含めて200人に近い。
だから開運なんでも鑑定団で名前が出てくる率が高いのかも
■改号すること30回
だから開運なんでも鑑定団で名前が出てくる率が高いのかも(2回目)
■転居すること93回
一日に3回引っ越したこともあるという。ってもうそれは引っ越しなのか?
■役者絵・美人画・名所絵・花鳥画・春画等、多岐にわたる浮世絵を描いている。晩年になると肉筆画を多く残している。

その他に外国人・武士・歌舞伎役者とのトラブル、北斎の家の様子、散らかっているのに前日あった蜘蛛の巣を気にしたりするエピソード。洋服や食事、お金に無頓着な所などが沢山書いてあってとても面白いです。てやんでい系の江戸っ子で破天荒な方であった事が分ります。興味がある方は是非読んでみてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E9%A3%BE%E5%8C%97%E6%96%8E

絵師とは?

下町育ちですと浮世絵の展示などが多くあり、どこで見たのか聞いたのか「絵師」について何となく知っていたりします。ですが現在「絵師」はボーカロイドやニコニコ動画の配信者、ユーチューバーなどに絵を提供している方や、pixivなどで絵を公開しているアマチュアのイラストレーターの方などにも使用されるようになりました。
北斎は超有名浮世絵の絵師でありますが絵師とは?浮世絵の制作方法は版画になります。ですが版画を刷る工程を一人の作家が作成していた訳ではなくそれぞれの工程に職人が入ります。
絵師が絵をかき⇒彫り師が版を掘り⇒摺師が紙に摺る
その間、絵師は彫りや色の指示を出し続けるデザイナーの様な存在になります。浮世絵を世に出すために版元と言われる出版社の編集さんのようなプロデューサーの様な立場の人に認められ、売り出してもらう事も必要になります。
■この方が浮世絵の制作方法について図解付きでわかりやすく書いてくれているので興味がある方は読んでみてください。
https://media.thisisgallery.com/20199604

本題の映画「HOKUSAI」

640
《あらすじ》
腕はいいが、食うこことすらままならない生活を送ってた北斎に、ある日、人気浮世絵版元が目を付ける。しかし絵を描くことの本質をとらえていない北斎はなかなか認められない。さらにライバル達にも完璧に打ちのめされ、先を越されてしまう。俺はなぜ絵を描いているんだ?何を書きたいんだ?もがき苦しみ、生死の境まで行き付き気づいた本当の自分らしさ。北斎は唯一無二の独創性を手に入れる。
ある日、北斎は種彦と運命的な出会いを果たし、二人は良きパートナーになっていく。70歳を迎えた北斎は脳卒中で倒れ、命は助かったものの肝心の右腕にしびれが残る。それでも北斎は冨獄三十六景を書き上げるのだった。そんな北斎の元に種彦が幕府に処分されたという訃報が入る。信念を貫き散った友のため、怒りに打ち震える北斎だったが、「こんな日だから、絵を描く」と筆をとり、その後の生涯、ひたすら絵を描き続ける。描き続けた人生の先に、北斎が見つけた本当に大切なものとは・・・?
(「HOKUSAI」オフィシャルサイトより抜粋)
http://hokusai2020.com/index_ja.html

私がやっている携帯ゲームCMでめちゃめちゃこの映画のMVが流れるんですよ。それが凄くカッコいいんですよ。色彩がめちゃめちゃ綺麗。そしてキャストがとっても豪華!

まず、主役のお二人が強すぎませんか。葛飾北斎の青年期を柳楽優弥さん、老年期を田中泯さんってこの情報だけでも絶対見たいと思えてしまう強さ。北斎を見つけ才能を伸ばして育てたプロデューサーの様な版元に阿部寛さん、阿部さんって個性的なキャラを次々と演じてて表情が素敵なのでつい顔に目が行ってしまうのですがふと見るとでけぇぇぇ!ってなるスタイルの良さが凄い。葛飾北斎のライバルの美人画で有名な歌麿を年齢を重ねてますます大人の色気たっぷりの玉木宏さん、歌舞伎絵で有名な写楽を子役時代から泣かせる役から糞憎たらしい役まで名演できる浦上晟周さん、北斎の親友の柳亭種彦を時代劇に引っ張りだこ個人的に彼が出ている作品のDVDをコレクションしています永山瑛太さん、他にも津田寛治さん、瀧本美織さん、青木崇高さんの豪華キャスト。

これはやはり見るしかない!!
しかし!今は緊急事態宣言中で映画館も閉館という大変厳しい状況にあります。早く緊急事態宣言が解けるのを祈るばかりです。HOKUSAIの公開は私達、物づくりをする職人や関係者にも大きなヒントやモチベーションになります。映画の製作関係者の方々に感謝でしかないです。私達GLASS-LABも今後もオリジナル商品と日本の名画を取り入れた商品の開発に力を入れていきたいと思います。HOKUSAIを見て力を分けてもらおうと思います。

GLASS-LABの北斎作品のご紹介

GLASS-LABでは日本を代表するの浮世絵師の作品へのリスペクトと多くの方の知ってもらい、大切にしてほしいという気持ちを込めて彼らの作品を砂切子で彫り作品にさせて頂いております。森羅万象を描いた北斎の冨嶽三十六景の「浪裏」、「赤富士」を是非ご覧いただきたいと思います。
S__19218461S__19218454
波や水滴や泡の細部、背景の雲や日が落ちる色合いなどがグラスに入る光の入れ方により照りだされるように細かい細工は0.15㎜のを出せる職人ならではのグラスです。お酒を注ぐと側面の平切子により、まるで絵の中に入った様に色々な角度から北斎の作品を鑑賞堪能でき、北斎を独占することができます。

IMG_0318修正IMG_0319修正
もっと大きく広大でさらに細かい北斎を堪能したい方にはこちらのロックグラスもお勧めです。(細かさがわかる様に砂切子面を写した写真のため反転しておりますが表面は反対側になります。)現在は受注生産のみの販売になりますので2ヶ月程製作期間を頂きます。
A29008002_0b
GLASS-LABでは北斎以外でも浮世絵作品をグラスにさせて頂いております。キリコレンジャーは喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳、東洲斎写楽、歌川広重の作品を元の色の上に薄い透明金属膜をコーティングし角度によって七色に光るグラスを使用し制作しました。こちらは和楽とのコラボ商品になるため大人の一品での取り扱いのみになります。
https://intojapanwaraku.com/shop/104033/

■本日の余談⇒HOKUSAIのキャストの方が出ているお勧めの映画をご紹介。
柳楽優弥さん⇒デビュー作であり代表作でカンヌ国際映画祭の男優賞も取られている「誰も知らない」はネグレクトの実話を元にした辛い話ではありますが、目が離せなくなります。見ている方もお母さんの帰りを待ってます。その中にも子供達の明るさや悔しさ強さ優しさがあり、皆さんに見て欲しい映画です。
田中泯さん⇒「メゾンド ヒミコ」家庭を捨ててゲイとして生きる事を選んだ父を恨む娘が、父が経営するゲイの老人ホームで働きだす話です。これが長くなるのでここには書けないくらいいい話なんですよ。有名なダンサーでもある田中民さんのヒミコの所作がさすがの美しさです。
阿部寛さん⇒ドラマの印象が強く今は個性的な役が多い阿部さんも若い時は恋愛トレンディードラマの二枚目役をやっていましたがこの「恋妻家宮本」まさにその先の話。子供達が成長し家を出た後の夫婦の今と今後の話で何十年ぶりに二人きりになった夫婦のお話。天海祐希さんとの大人のラブコメディになってます。
永山瑛太さん⇒お勧めしたい映画は沢山ありますが、絶対忘れられないシーンがあるのが「一命」です。冒頭での切腹シーンなのですが話や映像も残酷ではあるのですが演技が凄すぎて忘れる事ができません。HOKUSAIにでている青木崇高さんも憎々しい役で出てます。あの憎たらしさを感じさせる演技も凄いと思います。ハッピーエンドの話ではなく報われない映画が見たい気分の時にお勧めします。

役に立った/参考になったと思ったら、いいね!やシェアをいただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公式アカウントで最新情報をお届け中!
気軽にいいね!やフォローをお願いします。

関連記事

GLASS-LAB清澄白河工場での商品販売について

GLASS-LABの商品を手に取ってみたいという方にお知らせ ここの所、工場にいるとGLASS-LABをネッ・・・続きを読む

SDGsのさりげない江戸切子アクセサリー「GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”」

GLASS-LABアシスタント石川です。今日もグラスの輝きを楽しんでますか? お盆も終わりそろそろ秋が待・・・続きを読む

関連記事

【新作】モミジー赤や黄に染まる葉は、花にも負けぬ美しさ

GLASS-LABアシスタント石川です。今日もグラスの汗拭いてますか? 残暑厳しく暑い日が続いております。夏・・・続きを読む

あなたに幸福を贈りたい。完全新作『クローバー』を制作しました。

GLASS-LABアシスタントの石川です、今日もグラスのテカリ楽しんでますか? GLASS-LABでは季・・・続きを読む

当店おすすめ商品

ギフトの種類から選ぶ

ページトップへ